ビデオアルバム(風の道農園)

  • 夢のあとに・パルミラ(H20.4)
    大きく見るにはサムネイルをクリックします。

フォトアルバム(郷の四季)

  • オオナルコユリ
    大きく見るにはサムネイルをクリックします。

フォトアルバム(里山の自然)

  • ニホンカワトンボ?   (カワトンボ科)
    大きく見るにはサムネイルをクリックします。

フォトアルバム(吾国山・難台山の植物)

  • 春の植物・山野草 (3月・4月・5月)
    大きく見るにはサムネイルをクリックします。

マイ アルバム(四季の水彩画)

  • ウクライナの娘
    大きく見るにはサムネイルをクリックします。

2006(H18)の記事

読みたい便りをクリックするとその記事全文が開きます
2006(H18)


風の道農園便り 【H18・12月の様子・里山の紅葉 / キャベツ / ささやかな収穫祭 / クリスマスイルミネーション / 冬仕度 / クリスマスの朝

風の道農園便り 【H18・11月の様子・キク / フォックスフェイス / ぶどうハウス計画 / 果樹支柱の準備

風の道農園便り 【H18・10月の様子・秋バラ / 紅あずま / 台風並みの低気圧/ ソバの花 / お隣の少女デビュー / トレーラーハウス / レインカット栽培 / ゆりの郷温泉

風の道農園便り 【H18・9月の様子
・初秋の候 / 首を垂れるコシヒカリ / パパイア / 里のギャング・スズメバチ / お隣のクリちゃん / ガマガエル / 収穫の候 / タデアイ

風の道農園便り 【H18・8月の様子
・ハマユウ / サツマイモ / 軒柱のメンテナンス / 夕焼け / 夏野菜 / 物置屋根のコーキング / 玉虫飛来

風の道農園便り 【H18・7月の様子
・アマガエル / キウイ / とうもろこし / 菌紋 / トマトの病気 / 黒痘病 / 夏野菜収穫 / 日避け / 盛夏の候

風の道農園便り 【H18・6月の様子・卯の花 / トマトやぐら / 梨 / キウイの雌花 / 楽園 / ジャガイモ収穫 / カリンの実を齧る昆虫 / 蛍光灯付け替え

風の道農園便り 【H18・5月の様子
・皐月 / もも結実 / オオデマリ / ご一行様来園 / クイーンエリザベス / 雨避けテント / 田植えも済んで / ヤマカガシ処刑

風の道農園便り 【H18・4月の様子
・裏の斜面 / 表方向を見ると / バラの芽吹き / 2度目のジャガイモ栽培 / 枯死したバラ苗 / サトイモ植え付け

風の道農園便り 【H18・3月の様子
・板敷山大覚寺 / 第2菜園 / 朝日に輝く蜘蛛の糸 / 竹垣製作 / 記念樹 / えっつ、下見? / 中国ミザクラ / カンキツなど植え付け

 
                                                                        

風の道農園便り 【H18・2月の様子
・加波山と風車 / 悠々階段 / 佐久の大杉 / 竹をもらう / 来園記念植樹

風の道農園便り 【H18・1月の様子
・新年の里山 / スーパーカブ / 西光院 / 土留めをつくる / 大雪 / 神話の世界・竜神山 / 東庭園

2006(H18)・12月
■ 里山の紅葉
(12月3日)
 
銀杏の黄葉が一際鮮やかになった。裏山の銀杏の木の所まで登ってみた。途中、みかんの木があって小さな実を内緒でいただいたところ酸っぺえこと夥しい。「福来(ふくれ)みかん」と言うらしい。


H18123_0341


■ キャベツ
(12月1日)
 
虫除けのネットで覆っていたせいか立派に結球した。

H18123_0241

続きを読む "【H18・12月の様子】・里山の紅葉/ささやかな収穫祭/クリスマスイルミネーション" »

2006(H18)・11月
■ キク
(11月6日)

H18117_0301_2

■ フォックスフェイス(11月6日)
 
面白そうなので初めて栽培したが大変大きな株に成長した。和名「ツノナス」。観賞用の黄色い実は有毒だそうである。

H18117_0311  

続きを読む "【H18・11月の様子】・キク/フォックスフェイス/ぶどうハウス計画" »

2006(H18)・10月
■ 秋バラ
(10月2日)
 
春花に比べるとどことなく儚かなげ、寂しげに見える。

H18102_0231                    

■ 紅あずま(10月2日)
 
試し掘り。収穫できそうだ。

1_2

続きを読む "【H18・10月の様子】・秋バラ/紅あずま/台風並みの低気圧" »

2006(H18)・9月
■ 初秋の候
(9月4日)

H1893_0101

■ 首を垂れるコシヒカリ
(9月8日)
 
前の田んぼの稲の様子。

H18910_0071

■ パパイア(9月8日)
 
種から育てたパパイアの苗木を畑の隅に植えておいたところ、こんなに大きくなってなってしまった。勿論、冬越しはできないだろう。

H18910_0191

続きを読む "【H18・9月の様子】・初秋の候/里山のギャング" »

2006(H18)・8月
■ ハマユウ
(8月1日)
 
ハマユウ、ムクゲ、白い夏の花が咲いている。

H1881_0211


■ サツマイモ(8月1日)
 
上の畑では5月初めに植えた「紅あずま」が繁茂している。

H1881_0281

■ 軒柱のメンテナンス(8月1日)
 
庇(ひさし)や軒柱など雨の掛かる部分に防腐剤“キシラデコール”を塗布した。白アリの餌食にならないようにと。


H1881_0311

続きを読む "【H18・8月の様子】・はまゆう/夕焼け" »

2006(H18)・7月
■ アマガエル
(7月9日)

H1872_0061

■ キウイ(7月2日)
 
受粉に失敗したが、幼果が着いた。

H1872_1

■ とうもろこし
(7月9日)
 
「おひさまコーン」。立派に育ち収穫間近。

H187111

続きを読む "【H18・7月の様子】・アマガエル/菌紋/盛夏の候" »

2006(H18)・6月
■ 卯の花
(6月3日)
 
初夏の花。“ウツギ”。

H1863_1

■ トマトやぐら(6月3日)
 
定年前の農家手伝いの経験が役立っている。後ろ側の苗は購入苗だが手前は種から育てた「桃太郎ファイト」「ルイ60」で先月14日に定植した。

H1863_0161

■ 梨(6月3日)
 
梨の苗木の生育は順調のようだ。地元では「幸水」「豊水」が梨の主な生産品種だが同じものを作っても面白くもない。そんな訳で比較的珍しい「かおり」「八達」「ゴールド二十世紀」などという品種を選んだ。

H1863_0211

■ キウイの雌花(6月3日)
 
前住者の植えたキウイフルーツの花が咲き出す。オスの木が無いので受粉ができない。東京に戻ってからGA(グーンアカデミー)まで行ってオス花を探したが東京ではキウイの花期は既に終わっていた。

H18631

続きを読む "【H18・6月の様子】・卯の花/楽園" »

2006(H18)・5月
■ 皐月(さつき)
(5月1日)
 
前の水田では代掻き(しろかき)が終わって田植えも間近。

H1851_0211


■ 桃の結実(5月1日)
 
前住者が育てた桃の木、開花が終わり幼果がたくさん付いている。他人が植えたもので関心は薄いがトレーニングのつもりで手入れをしている。

H1856_0151

■ オオデマリ(5月5日)
 
前住者が残してくれた花木の中でもこの「オオデマリ」の大木が一番である。花期には白い花が一際目立つ存在。

H1856_1

■ ご一行様来園(5月13日)
 
今春ポルトガル旅行で一緒だったご年配仲間を招待した。あいにくの雨降りで郷の風景はかすんでしまったが。ワインや生ハムなど差し入れてくださり屋内でしばしにぎやかな時を過ごした。

H18513_0041

続きを読む "【H18・5月の様子】・皐月 /オオデマリ/雨避けテント" »

2006(H18)・4月
■ 裏の斜面
(4月9日)
 
当初よりも大分きれいになってきたが、まだまだ農園というにはほど遠く原っぱという感じである。
 園芸好きの前住者が植えた「ソルダム」、ユキヤナギ、サンシュウ、水仙、スノーフレークなど春花が咲き乱れ、終日裏の方からウグイスの鳴声が聞こえて来る。

H1846_0161_2


■ 表方向をみると(4月9日)
 
一方表方向、まだ雑草が生える前の季節なのでまあまあきれいだ。
 ところで、昨年11月、ウッドデッキの改築工事を地元の大工さんにお願いしたのだが、急がなくてもいいよなどと言ったせいか、その後半年経っても音沙汰がない。うむっつ、田舎の商売とはこんなものだろうか。

H1846_0231_2

続きを読む "【H18・4月の様子】・裏の斜面 /バラの芽吹き/サトイモ植え付け" »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ